大好♂体験談(20160923.24)

今回のプレイは写真がありません。文字だけで申し訳ないのですが、とっても素敵な体験だったので、記録に残して皆さんにお伝えしたいと思います。

きっかけは完全無料のSM掲示板でした。メアド集めと有料サイトへの誘導が目的のサイトで、正直期待はしていなかったのですが、何気なく登録していて、たまたま覗いたときに、痛い系と汚い系のプレイを希望している女性を見つけました。すかさず伝言を書き込んだところ、私が最初の反応だったそうです。それが9月15日でした。

その後数回伝言のやり取りをしてメアドを交換して、さらにメールでやり取りをして、9月23日から24日に会うことが決まりました。女性は25歳、こちらの素性は一切気にせず、ただ会って男性のウンコで汚されたい、とのこと。自分(女性)の快感は求めず、相手(男性)が気持ち良くなってくれたら嬉しい、と言うのです。

私と会う直前に、場所が近いということで別の男性とすでに会ったそうです。女性の希望が痛い系と汚い系なので、汚い系は私に任せて、痛い系をしてくれる相手を私とは別に求めているわけです。ありがたいことに汚い系は私に集中してくれています。

さて、9月23日ですが、上野駅で途中下車して黒猫館で大人のオモチャを買って行きました。前日からウンコを我慢して、新潟に向かう新幹線ではひたすら甘栗を食べていました。新潟駅の喫茶店で待ち合わせ。教えてもらった服装の若い女性が店に入って来たときのトキメキ。一週間前にやり取りを始めたばかりなのに、もう会えるなんて夢のようでした。

女性は顔がコンプレックスだと言うのですが、個性的ではあるものの私好みのエキゾチックで可愛い女性でした。初対面でお互いドキドキです。それから夕食を食べに居酒屋に入りました。私は前日からウンコを我慢していて、新幹線で食べた甘栗でお腹がいっぱいなので、あまり食べられないのですが、若い女性の食欲は旺盛で、食べっぷりが気持ち良い。残念ながら今回は女性のウンコが出なかったのですが、次回への期待につながります。

最初は新幹線往復パックツアーを利用して、23日の夜は一人でビジネスホテルに泊まる計画だったのですが、予約しようとしたとき部屋に空きがなくなり、どうせなら23日から二人で泊まることに変更しました。運命の神様に感謝です。

居酒屋で飲食した後、ホテルに向かいました。二人とも弱いので、お酒は少々。宿泊はビジネスホテルのダブルベッドルームで、部屋に入るなり、エッチなお話の始まりです。買ってきたオモチャを見せて、オシッコの飲み比べ、ローションを使ってアナル拡張用のオモチャを女性に突っ込んだり、キス、乳首舐め、クンニ、ストラップオンでのセックスなど、スカトロ以外のエッチなこともしたのですが、お楽しみは24日にとっておいて、体を休めることにしました。

女性はなかなか寝つけないようでした。ラブホテルのフリータイムは6時から18時なので、ビジネスホテルを早々にチェックアウトしてラブホテルに場所を移動するつもりでしたが、24日の朝は女性の用事を済ませてからラブホテルに向かうことに計画変更。

ビジネスホテルを9時過ぎに出て、駅のパン屋さんで朝食を食べ、女性の用事を済ませつつ、消臭剤や昼食(結局バナナとマカデミアナッツチョコボール)を買い込んでラブホテルに向かいました。スカトロプレイを始めてしまうと出前も取れないので昼食購入は必須です。

ラブホテルでは一室しか空きがありませんでした。空きがあって良かった。すぐにもう一室も空きになったのは部屋の準備をしていたんでしょうね。いずれにせよ首尾よく部屋に入るなり、二日分のウンコの便意がこみ上げてきました。快食快便の私ですが、22日からウンコを我慢していて便意のタイミングを計りかねていたところ、正にピッタリのタイミングでウンコがしたくなったのです。ウンコの我慢を始めてから全くと言っていいほど便意を感じなかったのに、ラブホテルに向かう途中で兆しがあり、部屋に入ったときにはオナラが止まらず、一時も我慢できないくらい切迫してきました。

慌てて女性に指示して、急いで二人とも全裸になり、お風呂場のマットの上に寝かせた女性にまたがって女性の口に脱糞しました。最初は焦げ茶色の一本糞が女性の口に入り、そのままトグロを巻きながら、おそらく甘栗と思われる、薄めの色の軟便が続いてウンコの隙間を埋めていきます。そこまで途切れなく一気に出し切ってしまいました。心の準備が出来ないうちに口に脱糞された女性は何を感じたのでしょうね。私のウンコの臭いがお風呂場に広がっていきます。口に脱糞されて鼻で呼吸している女性は臭いを堪能してくれたことでしょう。

口の上にウンコをテンコ盛りにしている若い女性。よくスカトロ写真や動画で見る光景です。しばらく眺めていたいところですが、一気に顔の下半分から、顎、首、肩、胸、お腹、太ももへの塗り伸ばしていきます。女性が「温かい」と感想を漏らしました。塗り広げるとさらに異臭がお風呂場に広がります。我ながら均一でよく消化されて塗りやすい硬さの最高のウンコです。厚く塗っているときには気づかなかったのですが、塗り広げてマッサージをするような感じになると細かい塊を感じます。おそらく未消化の栗の破片だと思うのですが、遠目には全身塗糞のキメの細かさを妨げません。

水気を少しずつ補いながら、両腕、背中、お尻、足と綺麗に塗れました。女性を立たせてお風呂場の中にある洗面台の鏡に写して、二人で鑑賞です。後日女性からのメールで私のことを「幸せそうで満たされた顔をしていました。始めて見る顔でした」と評していました。本当にその通りで、今までで一番美しい全身塗糞でした。それも、私のウンコで女性の全身に塗糞できた感激で大満足。返す返すも写真が撮れなかったのは残念ですが、その分塗糞を楽しめたとも言えます。

ウンコまみれの女性を抱きしめると、私にもベッタリとウンコがついて、改めて自分のウンコの量と質に自慢したくなるような気持ち。この量と質を毎回出すのは難しいと思うものの、ハル村長が言うところのウンコ愛に満ちたウンコだったと思います。その後は、シャワーヘッドを取ってシャワーホースで浣腸して、浣腸糞汁のかけ合いです。綺麗に塗ったウンコが浣腸糞汁で溶けて、そのまま排水口に吸い込まれて、ほとんど残りません。よく消化されているウンコなので、後片付けも楽々。

バスタブにお湯を張り忘れていたので、お湯を張りながら、シャワーヘッドを戻して、シャワーでお互いの体の所々に残っている頑固なウンコを綺麗に洗い流しました。簡単に洗い流せるウンコとこすらないと落ちないウンコがあって、面白いですよね。

お湯が溜まったバスタブに女性を入れて、バスマットや床のウンコを綺麗に流すのは私の仕事。あれだけ大量のウンコでしたが、少しも残さず女性に塗り広げ、マッサージするようにこすったので、ウンコの塊はほとんど無し。シャワーをかけるだけで簡単に綺麗になります。

お風呂場の臭い消しには殺菌消臭タイプのファブリーズがよく効きました。ボディソープでお互いの体を洗い合って、お風呂につかって、体の臭い消しも万全です。
ラブホテルに入るなりスカトロプレイを楽しみ、残った時間は臭い消しついでにマッタリ。昼食はバナナとチョコ。バナナを一本丸ごとアナルに入れたかったけど、崩れてしまうので、一口大にちぎって私に入れました。女性のほうはアナル拡張していないので、チョコボールだけ。お風呂場のマットの上に寝た女性の上にまたがり、まず私がチョコバナナを女性に食べさせます。次に私が横になり、女性の肛門に吸い付きました。

私が肛門からチョコを吸い出していると、女性が気張れないので「吸わないで」と言いました。全部出し切れず、女性にシャワーホースでお湯を浣腸して、出たものを手ですくって食べました。チョコはお湯に溶けず、マカデミアナッツが交じっているものの、見た目は軟便そのもの。マットについたチョコもウンコに見えます。

最後に、私にもお湯を浣腸して、残ったチョコバナナを女性に食べさせていたところ、途中で「苦~い」と一言。見た目はチョコと変わらないのですが、私のウンコが交じっていたわけ。昼食のつもりで食べていた女性にとってウンコはサプライズ。女性が躊躇したので今回は食べさせなかったけれど、次は無理矢理にでもウンコを飲み込ませようと思います。オシッコのエグ味が苦手でコップのオシッコを飲み干せない女性ですが、次の機会には口に直接放尿して全部飲ませるつもり。我慢汁もザーメンも飲みたいそうな。

マッタリの途中、腕枕で女性が寝てしまいました。疲れたのかな。その他、三条友美の漫画を読んでいる女性の股間をいたずらしていたら、漫画そっちのけで気持ち良くなったみたいで、逝くまでオナニーさせました。次の機会には、逆のパターンで、スカトロ動画を見て興奮する私のチンポをくわえさせて溢れる我慢汁を女性の口で吸わせようと思っています。いつも我慢汁が溢れて始末に困るけれど、女性が吸ってくれたら楽チン。勃起したチンポは生でオナホール代わりの女性のアナルに入れて射精するか、射精しそうになったらアナルから抜いて女性の口に射精して飲精させるかな。そんなことが好きな女性なんですよね。

フリータイム終了でラブホテルを出て、居酒屋で夕食して解散。次に備えて女性は毎日アナルを拡張しています。

 

スカトロ動画検索はここを使って下さい♪ →→→ ぷりぷりうんこ村分庁舎
村長がオススメするうんこ動画の数々♪ →→→ 村長セレクト
ほのぼのうんこの総合サイトです♪   →→→ ぷりぷりうんこ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です